シェイプ・オブ・ウォーター

ホラーが苦手な友人が「気になるけれど、怖いから誰か一緒に見に行こう」と誘われ、ついていく事に。

私はそれまでチェックしていなかったのだけれども、監督がパシフィックリムのギレルモ・デル・トロ監督で、とあるインタビューで彼のオタク魂の赴くままに作られた事を知り、見に行くことに!

LOCK ★★★★

まず、噂通りの映像美でした。水の中で抱き合う二人が美しい。

STORY ★★★

ストーリーは完全にご都合主義とも言える展開でしたが、その分時代背景を丁寧に描いていると感じました。

ドリームを見た時も思ったのだけど、アメリカの「差別」と日本の「差別」は種類が違うように思います。(どっちが良い悪いではなく)これは「昔の話」という体をとっていますが、確実に現代のアメリカにもあるのだろうな。

敵役だった上司は、差別主義者ではあるのだけれど、自分自身も「勝ち組アメリカ人男性」という枠の中に押し込めている。

主題はこうした繊細なポリティカル・コレクトネスの問題なのだろうね。

CAST ★★★★

登場人物がそれぞれ抱えているものが、明確に言葉として語られるわけではないけれど、端々から読み取れるのが良いですね。個人的に上司の過去と、ヒロインの過去が気になりました。

DEPTH ★★★★★

演出にしろ、ストーリーにしろ、登場人物にしろ、細部の設定が気になりすぎて……2があるなら見てみたい!!

Spread the love

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です