占い例:3

ココナラ出品中のキャラクターをタロットで占いますのサンプルです。
今回はとある創作作品のキャラクターを占いました。

相談

名前はまだ決まってないの、でも妖精だよ。
動物に例えるなら?うーん、ライオンかな?

私の友達の友達が、私たちを助ける為に力を貸してくれようとしてるんだけどそれを受け取るべきなのかな?

彼女の自己犠牲の上に成り立つ力って借りてもいいの?

私達だけ助かることにならない?
それでも彼女はいいの?
私は彼女も助けたい。
どうしたら彼女も救える?

よければ意見を聞かせて欲しいです。

回答

はじめまして妖精さん。

ひょっとして、今あるピンチの原因は誰かの嫉妬とか、情緒の不安定などの「感情的な爆発」でしたか?
もしかしたら、友達の友達である彼女とも関わりがあったり?

彼女はその責任を感じて、軽率に「私が犠牲になれば」と思っているのかもしれません。
でもその先に見える未来は、たとえそれで助かったとしても「後悔」しかないでしょう。

妖精であるあなたは、そんな中でも一歩引いて自分を保てているのですが、
若干「なんで、そんな目に見えるバッドエンドに行くんだろう」と
ちょっと怒りすら抱いていると出ています。
もしかしたら、「別の方法」にも、薄々心当たりがあるのでは?

しかし、人間である周りの仲間たちが、感情的になってしまい、「それしか方法がない」と、視野を狭めているのでしょう。

これは非常に難しい判断ですが、あらゆる手を尽くして、
それでも彼女の自己犠牲を止める事ができなかったときの
「最後の最後、土壇場の最終手段」としてお使いください。

それは、「自分が悪役になる」事です。
彼女が力を使うときにわざと失敗させるのです。

それにより状況は悪化するかもしれません。
あなたは彼女を助けるためだとはいえ、仲間からは「裏切り者」と誤解されるでしょう。

しかし、そのままあなたが孤立してしまって悲しい思いをしては本末転倒です。
「誰かの犠牲の上で助かっても幸せじゃない」という思いからは反することになります。
なのでこの手段を使う時は、必ず「誤解を解く方法」も合わせて考えておいてください。

キャラクターをタロットで占います 創作の展開に行き詰まった時や、ちょっとしたお遊びに。

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です