サンプルプロット

あなたの原案でプロットを立てます いざストーリーを作ろうとすると挫折してしまう方へ

詳細はこちらから→ あなたの原案でプロット立てます

・夜の八幡宮に忍び寄る泥棒たち
犬丸VS泥棒 =ただのゴロツキ相手なら、大人でも余裕で勝てる。
ふん縛って朝になる。

・朝
皆から褒められるも、そっけない態度の犬丸。
小坊主「やな感じ!」=一匹狼

・山の中にある盗賊たちのアジトへ単身乗り込む犬丸
大立ち回り。大将戦は少し手こずる。
囚われていた少女(イバラがいたので助ける)
イバラ「よし! お前をわらわの護衛にしてやろう」
犬丸 「はぁ?」

犬丸
「お前、どっかのお姫様なのか?」
イバラ
「うむ。鬼姫と呼ばれていたのじゃ。
力も封じられて、この様な童の姿になってしもうての、
本来の力も出せず、あのような輩に捕まってしまっていたのじゃ。
わらわには身を護る術がない。だからお前を護衛にするのじゃ」

呆れる犬丸。イバラの主張は信じていない。
犬丸「身寄りがないのなら、とりあえず和尚のとこに連れて行くか……」

山を降りて、鎌倉の街についてもついてくるイバラ。
顔馴染の人々がその様子をからかう。
鶴岡八幡宮寺の和尚は、イバラをどこか怪しんでいた。

和尚 「身を寄せる場所がないと? 両親は」
イバラ「二人共、もうこの世にはいない。
しかし……確か、親父殿は越後の生まれだと言うておった。
だが、親父殿が人間だったのは500年も前のことだ。
きっともう親父殿を知る者はいない」
犬丸 「こいつ、変なんだ」

和尚「よし、じゃぁ犬丸。連れてってやれ」
犬丸「はぁ?」
なんやかんやで行くことに。

犬丸「出発前にあいつに挨拶していくか」
あいつとは、三浦光村(23歳)
光村「お? どうしたワンちゃん」
余裕を見せて挑発する光村には犬丸の薙刀が全く当たらずに、最後は投げられる。
光村の兄、泰村(24歳)登場
泰村「子供相手になにやってんの!?」
光村を説教する泰村にも、犬丸はちょっかい出すがやはりよけられた上にたしなめられる。
犬丸「くっそー! 帰ったら絶対1発当ててやる!」

イバラ「強いのう、あやつらは。なかなかに好みと男どもだ」
犬丸 「護衛はあいつらの方がいいんじゃないのか?」
イバラ「うーん。でもあいつらは、もう、人の世の理の中で生きている」
犬丸 「は? 俺は人の世のものじゃないってのか?」
イバラ「犬丸は、まだ名を変えてはおらぬ。
人は人の世のものになると名が変わるだろう。
そうなると、もうわらわと同じ所にはゆけぬのじゃ」
犬丸 「またわけのわからない事を」

イバラ「ところで、犬丸は何故あの男たちにつっかかるんじゃ?」
犬丸 「あいつらに勝てなきゃ、鎌倉で最強とはいえないんだよ」
イバラ「何故最強になりたいんじゃ? 最強になってどうするんじゃ?」
犬丸は答えない。

越後到着までに三回ぐらい戦う。一人トドメ損ねる。
途中で犬丸の過去に少し触れる(核心には触れない)
イバラも鬼だった頃の昔話をしてくる

イバラを幼い少女の姿にしたのは母。
人の血を飲めば本来の姿に戻るが、
そこらへんの人間の血では、逆にどんどん人間に近づいてしまう。
死ぬまで一緒にいたいと思う男の血じゃないとダメ。

犬丸は「ああ、こうやって滅茶苦茶な話で気を引いて構って欲しいのか」と察してくる。
イバラ「だから本当に鬼なんじゃぞ!!」

・イバラの父の故郷。越後の軽井沢。
イバラ「親父殿が人間だったのは500年も前じゃ。
しかも、ここにはもう二度と戻らんと宣って出てきたらしい。
親父殿を知る人間がいるとは思えん」

それでなくとも、人間はわらわたちの事など、すぐに忘れてしまう。
京の人間だって、親父殿の事も、わらわの事も、すぐに忘れた。
鬼はずっと覚えているのに、人間はすぐ忘れて、すぐに死ぬ

鬼が消えるのは、人が鬼の姿を忘れてしまうから。
親父殿も母者も、もう何十年も人里に降りてなかった。
戦があって、前に親父殿と母者の姿を見たものが死んでしまったから、消えてもうたのじゃ

犬丸 「親父さんが言ってた故郷の話、もっと思い出さないか?」
イバラ「んーと……あ! 神社に預けられていたと言っていた!」
犬丸 「どこの? なんて名前の?」
イバラ「うーんと、ああ、ここまで出かかってるのじゃ……」
犬丸 「鬼はずっと忘れないんじゃなかったのかよ!?」

そんな二人に忍び寄る影。仕留めそこねた男!
不意打ちでイバラを狙われ、庇って怪我をする。
その状態で再戦するが、負けて重症

昏睡状態の中、犬丸は過去の夢を見る。
最初の記憶は、10年前の冬の石畳の冷たさ。
鶴岡八幡宮寺の門前で倒れていた犬丸は、当時の別当の公暁に拾われる。
そして少し武術を仕込まれた。

しかし、ちょうど2年たった雪の日、公暁は将軍を暗殺し、自身も殺された
あっという間の出来事だった。

それ以来、犬丸は自分の居場所を作るため、強くなろうとした。
自分の存在が疎まれているのは分かっている。
あれから別当が何度か変わったが、自分がまだ八幡宮にいるのは、強いからだ。
もっと強くなれば、最強になれば、きっとこの世にいても誰も文句は言ってこなくなる

でも負けた。俺はこのまま死ぬのだろうか?

イバラ「死ぬな!」

イバラ、犬丸の血を飲んで封印解除。
圧倒的な力で男をSATSUGAI
犬丸の治療をする

犬丸、目を覚ます。目の前の女にイバラの事を尋ねる。
イバラ「わらわがイバラじゃぞ!」

イバラ「犬丸、お前も鬼になるか?
人間よりずっと強いし、長生きする。
鎌倉に居場所がないんじゃろ?
だったら鬼になって、わらわと一緒に居てたもれ

犬丸 「俺は人間のまま強くなりたいんだ。
あの鎌倉に、居場所が欲しいんだ」
イバラ「そうか……」

犬丸 「俺は人間のまま強くなりたいんだ。
あの鎌倉に、居場所が欲しいんだ」
イバラ「そうか……」

犬丸 「でも、鎌倉一強くなったら、今度は鬼退治の旅に出る」
イバラ「!!」
犬丸 「お前は俺が負けた相手に勝った。だから今度は俺がお前に勝つ。
俺は人の身で、鬼より強くなる。それまで絶対に死なない」

イバラ「わかった。じゃぁわらわの事を一生忘れぬように、呪いをかけてやろう!」

回復した犬丸の背中を見送るイバラ。

鎌倉に戻った犬丸。光村と再戦。
犬丸の薙刀が、光村の左脇腹に入る。
光村、思わず刀を抜いてそれを受ける。

犬丸「ははっ! やっと刀を抜かした!!」

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です